パッチを投げよう - TortoiseHg Advent Calendar 2012

2012 年 12 月 14 日 はてなブックマークへ追加 はてなブックマーク - パッチを投げよう - TortoiseHg Advent Calendar 2012 Bookmark this on Delicious

TortoiseHg Advent Calendar 2012 - cointoss の 14 日目は、 最も使用頻度が高いと思われる「メール送信」ダイアログについて書こうと思います。

メール送信ダイアログ

これです。パッチをメーリングリストへ投下します。

え? 使ったこと無いって? モグリですね。

使い方

MQ で管理しているパッチを投げるには、コマンドラインにこうタイプしてください。

% thg email qbase::

簡単ですね。リビジョンを指定せずに

% thg email

で起動すると、全てのリビジョンがリストアップされます。 送信したいリビジョンにチェックマークを入れて下さい。

コミットが 1 万件程度であればパフォーマンスの問題は無いでしょう。

設定

メール送信サーバーの設定は ~/.hgrc (または Mercurial.ini) に書きます。 (GUI のユーザー設定ダイアログでもかまいません)

[smtp]
host = smtp.gmail.com
port = 587
tls = True
username = <username>@gmail.com

[email]
bcc = <username>@gmail.com

GMail を使っている場合は自分が送ったメールが配信されないため、 bcc を入れておくと良いでしょう。

それから、宛先アドレスを毎回書きたくないですよね? 宛先はリポジトリの .hg/hgrc に書くのがオススメです。

[email]
to = thg-dev@googlegroups.com

最後に

普段、コマンドラインの hg email を使っている方も、試しに thg email を使ってみて下さい。 メールを出す前にプレビューできて便利ですよ!

コメント

blog comments powered by Disqus